輸入盤が3900円?

金が無くて暇だけいっぱいあるので、

時々CD屋を暇つぶしの道具にしているのですが。

どうも納得いかないことが…。

輸入盤のアナログレコードが3900円!

昔(レコード全盛の時輸入盤は2000円以下で買えた筈…。)

作る量が少ないから高い?マニア向けだったりして。

そういえばアナログレコードを見て昔のことを思い出しました。

レコードは、何回も聞いていると音が悪くなる←塩化ビニールをダイヤモンドの針でひっかいて音をだしているので。

キズが付くと聞く事が出来ない。←レコードは盤の溝が命

CDと違い大きいのでかさばる。←量が増えると邪魔に

きちんと立てかけないと反ってしまう。←塩化ビニールで出来ているので、溶けることも

当然レコード針も必要。←以外に消耗品だったりする。

レコードは落とすと割れる。←取り扱い注意だった。

CDはプラスチックなので割れたりしないけど…。

なんか不便な昭和時代でした。

でも、外国のアーチストなら、マニア向けの店へ行けば各国のレコード買うことが出来た(イギリス盤、アメリカ、ドイツ、イタリア等)

各国のレコードの違いも楽しめた。←当然マニア向け(レコードの匂いが微妙に違っていたりして。匂いフェチにはたまらない楽しみ)


それに比べ、今は便利になった

パソコンを使えばあっという間に取り込める&音楽配信も。←すかっりiPod信者になってしまいました。

時代の流れを感じた今日この頃でした。

じゃあの←誰かのマネです。




"輸入盤が3900円?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント