これがPOWER FOR LIVING です。前書き編

これがパワー・フォー・リビングの小冊子(右)と本(左)です。←カタカナで書くと変?

本のサイズは新書判で、ただなので値段が裏に印刷されていません

前書きが4ページ。

本文が142ページ。

本のコマーシャルが4ページ。

画像



本を開けると横書きで、


「神様のことばは生きていて、力にあふれています。」
ヘブル4章12節←本の中で中揃えになっています。




ヘブル?聖書?教養がないのでわかりません。


いきなり「やられました」

ありがたいお言葉です。

つかみはOK!といったところでしょうか


そして、訳の判らないまま、前書きに突入です。


成功し続ける人(そんな人いるのか?)は、神さまに人生を委ねているらしい(他力本願)

人生を委ねないと…。破滅?


どうやら神様は、すべての人間(いい人も悪い人も)を愛していて

神様(キリスト様らしい)に任せる(何を任せるのかは不明)と導いてくれる。

これがこの本の内容で目的だそうです。(本に書いてある)

パワー・フォー・リビング(生きるための力)をこの本を読んで見出すことらしい。


最後に聖書の引用です。

「しかし神様を待ち望む者は、新しい力がみなぎり、

わしのように翼を張って舞い上がります。

いくら走っても疲れず、どんなに歩いても息切れしません。」

以上、前書きおわりです。


感想は、

う~ん。どうなんでしょう←ミスター長島風に言ってみて下さい










この記事へのコメント

efrahim
2007年07月06日 06:17
私も見ました。POWER FOR LIVING、POWER FOR HEALINGなど「POWER」ずくめ。日本にもあるある、鈍感力、老人力、笑い力、・・・なんでも「力」付けたほうが売れるんだよね。昔カウンセリングで関わった神窪優は、ハイアーパワーとよく言ってました。例の流行病?だったアダリュトチルドレンやインナーチャイルド。わけのわからない病名から市民権を獲得していく。あたしACのゆっこ,nikko,よろしくでe-す。おれICによしよしやっています。足叩きながら、んsどんsど・・それでいいんだよっ、てね。おまえのあるがままが大すき!!!!!!ってICに声かけすると、よくなっていく気すんだ。みんなも明るくなったて、ね・・・・俺ニイトだけんど、ゆっこみたくに、ICとゆっくり歩けばだいじょうぶ・・・って思うんだ。

だって・・・無言

この記事へのトラックバック